手が冷える季節

  • Day:2013.11.13 14:14
  • Cat:音楽
急に寒くて、身体がキュッと固くなってしまいそうですね。

最近少し改善されてきたような気もするけれど
学生時代からずっとかなりの冷え症で
冬の本番ではどうやって手を温めるか、が大きな課題でした。

ポットのお湯とボウルを用意して、楽屋で手をお風呂に入れたり
肘から下にたくさんカイロを貼りつけてみたり。

ゆったりした曲からプログラムを組んでみたり。


今はフリースやヒートテックなどなど機能性のあるものがあったり
身体全体があったまるようになってきたけれど
ヒーター付きの手袋があるんですね。



「おててのこたつ」
wt-816.jpg

名前がかわいいmoblog_f02daee7.gif

充電式や乾電池式などいろいろあるみたい。

数年前からあるらしいけれど、全然知りませんでした。
これがあったらこれからの入試シーズンに役立ちそうmoblog_fee2e958.gif
身体や手があたたまってると余分な力が抜けるし。


舞台袖って、天井が高くてけっこう寒かったりするんですよね。

どんな感じなのか試してみたいなぁ。









みえ音楽コンクール

  • Day:2013.10.14 22:49
  • Cat:音楽

今年もみえ音楽コンクールピアノ部門が終わりました。

ピアノのコンクールはたくさんあるけれど
みえコンはほぼ自由曲で出場できること、
予選通過すれば県文の大ホールで演奏できることなどから
生徒さんにお勧めしています。

12・13日と2日間に渡って小学1年生から
大学を卒業した大人の方までたくさんの演奏を聴きました。

自分が教えている生徒さんの演奏を聴くことも楽しみなら
例年出場されている方々の演奏も、毎年楽しみです。

皆さんの演奏はそれぞれが本当に魅力的で
成長段階での不安定さが垣間見える中にも個性が輝いて
まぶしく感じました。

私も成長しなくてはmoblog_7152a216.gif


ピアノ教師という仕事に、より一層やりがいを感じた2日間でした。


今日は弦楽部門の伴奏で、同じ舞台に立ってきました。
スタインウェイのいいピアノで弾いて、
レッスン室のピアノを買い換えたい気持ちが
大きく成長してしまいました・・・moblog_b0613084.gif

音の魅力

  • Day:2013.10.10 12:40
  • Cat:音楽

10月も10日なのにまだまだ暑いですねmoblog_3336893d.gif


昨日はクラシック音楽コンクール三重本選の審査でした。

40人超のうち3分の2は高校生以上という
なかなか聴きごたえのある1日。

バロックから近代まで、
小品から大曲まで
あらゆる時代の曲をたくさん聴きました。

音楽を練って練って本番に臨んでいる演奏は
アーティキュレーション、デュナーミク、ルバート、
ちょっとした「間」にもあらゆる工夫があふれていて
ぐんぐん伸び続けている過程なんだ、ということをとても感じました。


エネルギーにあふれた素晴らしい演奏がたくさん!




全員が同じ楽器で弾くコンクールでは必ず思うこと、
人によって本当に音が違う。

体格などの条件で変わってくる面ももちろんあるけれど
一番の違いは
いい音を出そうとしているか、
だと感じます。
欲すれば少しずつでも身についてくる。

それ以外にも必要なことはいっぱいあるけれど
あらゆる要素を凌駕して
一番はじめに必要なのは、音の魅力なんだなぁ。









三善晃先生

  • Day:2013.10.07 00:38
  • Cat:音楽

三善晃先生がお亡くなりになったと
昨日知人からのメールで知りました。

信じたくない気持ちで検索したら
悲しい事実でした。

三善先生の曲との出会いは高校生の頃。

アン・ヴェールという曲を師から勧められ、楽譜を買ったものの
初めて触れる現代曲の譜面に戸惑いながら譜読みをすすめたこと

ネットで買い物という手段がなかった当時
注文してから長く長く待ってアン・ヴェールのCDを聴いたときの興奮と感動

そして、ジャケット写真の三善先生の目が輝いて見えて
ビクッと緊張したこと



様々なことを思い出します。


桐朋学園に入学して初めて2台ピアノのレッスンをしていただいた時
左後ろに立っていらっしゃった先生の目が本当に鋭い光を放っていて
圧倒され、衝撃を受けました。

先生の書かれた「オトコ、料理につきる」は
何十回読んだかわからないほど愛読しています。


三善先生、心よりご冥福をお祈り申し上げます。




ギロック

  • Day:2013.07.27 00:26
  • Cat:音楽
夏ですね!

7月ももう終わり、大好きな8月がやってくると思うと
今からワクワクです。

さて、先日

P7112272.jpg

ギロックを世界で広めていらっしゃる安田裕子先生を囲んでの会、
こちらに参加させてもらいました。
(なんとこのボードは手作り!)


少しだけ演奏もさせてもらいました。

ギロックファミリーの曲で世界旅行、というテーマで
国や街の名前がつけられた曲を会員の皆さんが演奏されました。

各地の音階やリズムを使った曲はどれも魅力的で
レッスンに使ってみたい曲がたくさんありました。
音が少ないのにちょこちょこと魅力的な和声が散りばめられていて
本当に素敵な曲ばかりで楽しかったmoblog_fee2e958.gif

中国やパリジェンヌのコスプレ(?)をした方も。
写真を撮らせてもらいたかったなぁ。



P7112270.jpg

安田先生、伊勢支部、松阪支部の皆様と。

アファナシエフ

  • Day:2013.07.03 10:44
  • Cat:音楽
びわ湖ホールでのヴァレリー・アファナシエフ
聴いてきました。

アファナシエフを知ったのは大学生の頃だったか

61XEP0N8E4L.jpg

このブラームスCDを聴いて、衝撃というか戸惑いというか・・・。


今回は前半に
ドビュッシー、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチの小品、
後半にムソルグスキー「展覧会の絵」の音楽劇。

前半の小品での音色、そしてペダルの使い方が印象的でした。
美しかった!

前半の20分ほど、ずっと曲間にも独特の空気が漂っていて、
それが客席にも伝わったのか、雑音ひとつありませんでした。


「展覧会の絵」はひとり芝居形式で
ピアノ⇔舞台に置かれた椅子、テーブルとを行ったり来たり。
椅子に座ってガウンを羽織って台詞を話し、
またピアノに戻って演奏。

ムソルグスキーの展覧会を聴いた、というより
アファナシエフを見て聴いたという感じ。

中断なしの通しでも聴いてみたいなぁ。



アファナシエフを知った頃読んだ本がこちら

41ZSSV555GL__SX230_.jpg

この本は当時図書館で借りて読んだんですが、今回購入。
終演後サインをしてもらいました。







マタイ、室内楽、展覧会

  • Day:2013.06.21 10:24
  • Cat:音楽
先日、県文でマタイ受難曲を聴きました。

バッハが大好きでたまらない私、よくCDでは聴きますが
ホールで聴くのは初めて。
パンフレットに載っている歌詞を読みながら
じっくり聴きました。

歌詞を考えながら聴くと、今までとは全く違う興味が生まれてきました。

大まかな内容を知っているだけでは感じられない感動が
たくさん目の前に現れて、とても嬉しかったです。

今週は菅原美枝子先生の「室内楽の夕べ」を聴きに。
メンデルスゾーンのトリオにショパンのチェロソナタ、
そしてフォーレのカルテットと名曲揃い。
室内楽の醍醐味を味わう、幸せな2時間でした。


生で聴く演奏会はいいなぁ・・・



さて、今週末は待ちに待ったアファナシェフ。

楽しみ!!!

新年度

  • Day:2013.04.04 20:43
  • Cat:音楽
スプリングコンサート、今年も無事終了しました。

お聴きくださった皆様、ありがとうございました。


今回第5回でしたが、まだ5年?!という感じです。
子供時代の5年間恐るべし、みんなの成長に改めて驚きました。

身体もどんどん大きくなるし、
音楽に対する姿勢もそれぞれの方向性が見えてくるし、
成長期って素晴らしくって、眩しいですmoblog_bf7a82d4.gif


翌日、大阪へ恩師の発表会を聴きに行ってきました。

東京の大学への進学以来初めてピアノを聴いたYちゃんが
素晴らしく成長していて、本当にびっくり、興奮しましたmoblog_2118da5d.gif
レッスンをしていた高校生時代からリズム感がよくて
熱い熱い音楽をもっていたYちゃん、
当時はまだつぼみが出かかったくらいだったんですね。
アマゾンに咲く、ちょっと近寄りがたいような花が咲いたりしそうな気配も。

バラキレフのイスラメイをすごい迫力で弾ききっていました。
将来が本当に楽しみです。



さて、明日は新年度の打ち合わせに相愛へ。
新年度、スタートです。







スプリングコンサート 

  • Day:2013.03.29 23:11
  • Cat:音楽
東京や名古屋で桜満開のニュースが聞こえる中
津市の桜はなかなかに頑なでしたが
昨日、今日で急に開いてきたようですmoblog_68621db1.gif


さて、もう明日のことですが、今年も発表会を開催します。

スプリングコンサート vol.5
会場:三重県総合文化センター 第1リハーサル室
開場14:00 開演14:30

どうぞお聴きください。



グレンダ・オースティン

  • Day:2012.07.11 17:54
  • Cat:音楽
ここのところ、グレンダ・オースティンの
「抒情ワルツ曲集」を弾いています。

今年4月に出版されたばかりのこの曲集、
ソロ全8曲、ソロ曲を連弾にアレンジしたもの2曲
計10曲が収められています。

子供が弾ける曲集なので、音が少ないんですが
少ないなりの難しさがあって、試行錯誤の毎日moblog_96b077e7.gif

弾いているのは自分なのに、
小さな生徒さんにレッスンしているような気持ちです。

それぞれに表情やリズムが違う中、
「ワルツ・パリジェンヌ」「フラミンゴワルツ」が
特にお気に入りですmoblog_12137171.gif

明日は、ギロックやグレンダ・オースティン音楽の第一人者安田裕子先生の講座が
伊勢市の村井楽器であり、このワルツ集を弾かせていただいてきます。

先生は本当に素敵な方で、お会いするのが本当に本当にとっても楽しみです!

さてさて、今から練習します。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。