合唱のコンサート・ショパンのピアノ

  • Day:2007.03.22 23:46
  • Cat:音楽
三重大学附属小学校、附属中学校、三重大学の各合唱部によるジョイントコンサートを聴きに行ってきました。
生徒さんが出演するということでお誘いを受けて行ったのですが、
なんとなくこんなコンサートかな?と想像していたよりはるかに何倍も楽しんで色んなことを感じて考えて帰ってきました。
楽しかった!

自分の中にある音楽を表現したいとき、一番身近な「声」
音楽の源である「声」の威力を実感しました。

ステージで自分の生徒が心から音楽を楽しんで積極的に表現しようとしている姿を見て、とても嬉しかったです。
嬉しいと同時に、ピアノでこんなに自由に歌えるようになる手助けを少しでもしてあげたい、と思いました。
ピアノという楽器を思うようにコントロール出来なくて、いろいろもどかしく思うことがきっとあるだろう、と感じました。

小さいころから難曲をパリパリ弾いてしまう子供がたくさんいて、
「この年齢でこんな曲が!」
ということが評価されてしまいがちですが、やはり一番大切なのは
「歌心」「感動を表現したい、という思い」
だと思います。
それを表現するための手段となるテクニックを身につけるための練習なら、ちっとも辛くないと思います。
歌いたい、という思いがあれば、きっとピアノを歌わせることができる!

ところで、ショパンが最後に演奏会で使ったピアノが発見されたとか
ニュースはこちら
ショパンがマズルカを弾いている姿、その音をイメージして目を閉じてみるだけで、寂しさを含んだ静かな感動を覚えます。



Comment

ゆあさ~ ♪

元気ですか?
なんですか、なんですか?気になるコメントですねー。
いつぞやお話のあった岐阜かな?

今年ももう4分の1終わっちゃうね、
今年は会いたいなぁ。
計画たてよう!
  • 2007/03/27 23:49
  • ayami
  • URL
こんばんは。そうだよね、「歌心」。子供って師事する先生のDNA,価値観を直で受け継いでいくもんね。
さーて、練習してるかな?お元気そうでなによりです。私はいよいよそっち方面へ引っ越しちゃいますよ。「え?何するの?」なんて聞いちゃダメダメ!とほほでございます。また、ここへ
遊びに来るです。
  • 2007/03/24 02:03
  • ゆあさ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。