三次予選へ

ショパンコンクール、二次予選の結果が発表されました。

http://konkurs.chopin.pl/pl/edition/xvi/verdicts/1934_2nd_stage_sessions___verdict

アジアからの参加者が少ないです・・・。
残念ながら、JAPANの文字もなくなってしまいました。

今回、本当にレベルの高い演奏が続いていて
一次予選の段階から、まるでセミファイナル?くらいの感じでしたが
中でもロシアのピアニストたちの素晴らしいこと!
テクニックが優れているのはもう彼らにとって当たり前のこと、
音の色彩が豊かでイマジネーションに富み、
とってもセンスがいい
音色のあつかいが自由自在なのは、うらやましい限りです。

Miroslav Kultyshevさん
Daniil Trifonovさん
Nikolay Khozyainovさん
Yulianna Avdeevaさん

一次予選では、ロシアからのこの4名に大きな衝撃を受けました。
4人ともファイナルに進んでくれますように。
コンチェルトを是非聴きたいです。

ロシアではないけれど
USAはブロードウェイから来ました、っていう感じの
Andrew Tysonさんも楽しみ

せっかくネット中継があるのに、スケジュールが合わなくてなかなか見られません。
夜更かしして見たいところだけど、そうもいかず・・・
でも明日の18時(日本時間は夜中1時)からはYulianna Avdeevaさん!
見たいなぁ!!!

PA050644.jpg

ホテルの近くにあった横断歩道。
ナルホド!

Comment

くりたぬきさん[i:63899]
こんにちは!
ファイナリスト、決まりましたね!

好きなピアニストが揃って残ってくれて嬉しいですコンチェルトが聴ける

昨日、今日は『みえ音楽コンクール』本選。
こちらのコンクールも、なかなかハイレベルです。
あとは結果発表を待つのみ!
  • 2010/10/17 16:34
  • ayami
  • URL
あ、公式HPから全員の演奏がビデオ・アーカイヴで見れるようになってます♪
  • 2010/10/16 23:48
  • くりたぬき
  • URL
Wow! 粋な横断歩道ですねv-353
ロンドン以外ヨーロッパは行った事がないので、一度はゆっくりリサイタル巡りがてら、放浪したいです。

ちょうどTyson君の3次を聴き終えた所。
1次の段階から、異端だとは承知の上で(事実某掲示板では今ひとつの反応でした)、個人的に素直に好きだとチェックしてました。
コンクール的にどうかな?という不安はありましたが。
なにより、彼自身が心から音楽、ピアノが好きという気持ちが音色と演奏に反映されている点が、見ていて元気を分けてもらっている感覚です。
2次までは、異端児的存在で私も惹かれつつコンクール的にどうかなぁと不安でしたが、今日のノクターン、ソナタでまた違う側面を見せてくれ、久しぶりに音楽で泣けてしまいました(苦笑)。
アンドリュー君に感謝。
私は口下手な分、音楽に囲まれている状況が安心できる性分なのです(汗。

とは言え、ロシア勢をはじめ、それぞれ個性を味わえる演奏ばかりで、この際Finalに残ったみなさんに賞を差し上げたい気持ちも。
Yuliannnaさんも印象的でした。

ショパンコンの話は尽きそうにないので、とりあえずこの辺でv-356
同じピアノという楽器、同じ作品なのに弾き手によってそれぞれ違う色に感じられる。
その魅力を教えてくれたコンクールになりそ、Finalを楽しみにしています。
  • 2010/10/16 21:45
  • くりたぬき
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。