ツェルニーなど

ピアノを小さい頃から弾いて見えた方なら、
必ずと言っていいほどツェルニーの練習曲を弾いてこられたのではないでしょうか?

最近レッスンをしていて思うのですが、ツェルニー、実はいい曲が多い?
30番、40番、50番・・・といろいろありますが、どの曲集も。

レッスン中
「ここはこんなにドラマチックだよ」
「このフレーズ、和声、魅力的じゃない?」と弾いて聴かせるとき
「あ~、こんなにいい曲だったんだな~、知らなかったな」としょっちゅう思うんです。

ツェルニー、バッハを弾く時いつも“楽しむ”というよりは
“こなす”という意識が強かったように思います。
はやくこの曲を終わって次の曲!2声はやくみんな終わって3声に入りたい!とか。

でも今インヴェンションやシンフォニアを弾くと本当にうわ~、たまらない~と思う瞬間が
楽しくてたまりません。

いつかコンサートに取り入れてみたいな、と本気で考え始めています。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。