サロン

  • Day:2005.08.18 21:42
  • Cat:
先日クラシック愛好家の方からお誘いを受け、
その方のご自宅でのちょっとした集まりにお邪魔させていただきました。

私は飛び入りの初参加だったのですが、
毎年1度ご自宅に愛知県、三重県など中部地方の音楽家を中心に
音楽パーティーをしていらっしゃるそうです。

顔ぶれは、ピアニスト、ヴァイオリニスト、チェリスト、作曲家、声楽家、文化施設の方・・・
本当に様々で、楽しいひと時を過ごしました。

とてもとても素敵なお宅で、グランドピアノのまわりに20人以上が集まっても
充分なゆとりのスペース。
みんなが気ままに何曲か順番に演奏し、
お酒やお料理をいただきながら自由な場所で自由な聴き方で耳を傾ける、
まさにサロン。
ロマン派の時代のサロンはきっとこんな雰囲気だったんだろうな~と思いを馳せたりしました。

ショパンがロマンチックで繊細ななメロディーと和声でみんなを虜にし、
次には「いやいや、俺だって」とリストが華麗に超絶技巧を披露・・・
いいものですね!

私はお菓子作り・料理が大好きなのですが、
その日はドライフルーツ・ブランデーケーキとベイクドチーズケーキをお持ちしました。

フルーツケーキは「これでもか!」っていうくらいブランデーをしみ込ませた充実しっとりタイプ、
チーズケーキにはふわふわなスフレタイプのものからずっしりみっちりタイプのものまで色々
ありますが、今回のものはずっしりみっちりタイプ。
幸いどちらもとても評判がよくて嬉しかったです。
何名かの方からレシピのご要望があったので、チーズケーキの方のレシピを
(フルーツケーキの方はちょっと込み入っているので・・・)
公開しようと思います。

ベイクドチーズケーキ
10×19cm程度のパウンド型1台分


Aクリームチーズ・・・380g(湯せんにかけてクリーム状に練っておく)
 サワークリーム・・・130g
 グラニュー糖・・・100g

B卵・・・小2個
 卵黄・・・小1個分(よくときほぐす)
 コーンスターチ・・・10g強(ふるっておく)
 無塩バター・・・35g(湯せんで溶かす)

Aを1つのボウルに全部入れてよく混ぜて
 だまのないようになめらかにする。
Bをそれぞれ順にAのボウルに加える
・型に流し込む(テフロン加工でない場合には紙を敷く)
・沸騰した湯をバット(深さがあればオーブンの天板で)にはり
 型をそこに静かに置く
・160℃のオーブンで90分蒸し焼きにする
・あら熱をとり、冷蔵庫でよく冷やして型から出す

以上!

とても簡単です!失敗がありません!美味しいです!
もし焦げ色が強いようならアルミホイルをかぶせたりするといいですよ。
綺麗なオレンジ色のような茶色のような焼き色がつくのが理想です。

サワークリームの酸味が効いていますが、
お好みでレモンの絞り汁を入れても美味しくいただけます。

とてもこくがあってしっかりしているので、小さく切り分けてお召し上がり下さい。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。