ピアノレッスン事情 今・昔

ある先生が楽器店でされている特別レッスンを
聴講させていただいてきました。

小学低学年から大学生まで様々な年齢・進度の生徒さんに対してとても的確な、
現在のその生徒さんに必要なアドヴァイスをされていく様子は「さすが・・・!」の一言。
とても参考になりました。
早速私も自分の生徒に還元していきたいと考えています。

そこで1つ気になったのは、付き添いでみえている親御さんのうち半数近くの方が
ビデオ+三脚持参だったことです。
本当にご熱心な様子で、先生のおっしゃる一言をも聞き逃すまい!とするどころか、
先生の弾かれる姿、手の形など全てを持ち帰って消化しようという意欲を強く感じました。

私もレッスンを受けるときは必ずMDを持って行き、
録音をさせていただいていましたが、
ビデオまでは持っていったことはありませんでした
(というか、あまりビデオカメラが今ほど普及していなかった、というのもありますが・・・)。

でも、ビデオは本当にとてもいい!と思います。
MDの録音をレッスンの後で聴いてみると、「手はこうじゃなくて、こう」とか、
「こっちのほうをこう使って・・・」とかそういうフレーズが多く出てきて
「・・・?どうだっけ?う~ん・・・映像が欲しい!」なんてことがしばしばあるものです。
ビデオを見ながら自宅で復習できたらそれはそれは有効なことだな、と感心しました。
今はそういう時代になってきているんですね。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。