伊勢ミキモトホールでコンサート

  • Day:2005.12.05 22:39
  • Cat:音楽
昨日、伊勢市内のミキモトホールでのクリスマスコンサートが無事に終了しました
主催者の伊勢ギロックの皆様、ありがとうございました

プログラムは
バダジェフスカ:乙女の祈り
ブルクミュラー:25の練習曲集から
   「すなおな心、アラベスク、スティリアの女、アヴェ・マリア、貴婦人の乗馬」
モーツァルト:トルコ行進曲
ベートーヴェン:エリーゼのために
ショパン:華麗なる大円舞曲
     小犬のワルツ
     別れの曲
     英雄ポロネーズ

という、名曲オンパレード

今回は、伊勢ギロック協会の先生方の生徒さんとそのご家族の方々が対象のコンサートということで、小さいお子さん(4歳から!)にもたくさん聴いてもらえてとても嬉しかったです。
ミキモトホールは初めてでしたが、清潔感溢れるとてもいいホール!心地よい響きでとても弾きやすくて、リハーサルの第一音を出したときに「わーい!響く~」と、嬉しかったです。

午前中11時からと午後14時からの2回同じプログラムを弾いたのですが、午前中は体がまだあたたまってなくてちょっと力が入ってしまった感じも。午前のほうが良かった曲も午後の方が良かった曲もありましたが、2回ともベストを尽くしました

お話もしながらだったのでお客様の表情に触れながら進めることができてとてもよかったです。先生方のお話によると生のピアノコンサートは初めて、というお子さんもたくさんいらっしゃったとか。なにか暖かいものを心に持ち帰ってもらえていたら嬉しいです。

終演後はホールのご近所のS先生のご自宅で楽しくお茶会 主催者の先生方とお話させてもらって、このコンサートに向けて持ってみえたイメージや理想、希望などが伝わってきて、「弾かせてもらえてよかったな~」と感じるとともに、やはり演奏は1回1回真剣勝負、という気持ちを再認識しました。
このS先生のお宅はおうち全体が(中も外も)クリスマスのイルミネーション、デコレーションでとてもきれい!毎年してみえるらしく、ご近所の方も心待ちにしていらっしゃるんだろうな~と思うほど素敵でした(でも準備が大変そう・・・)。
たくさん写真を撮っていただいたことに安心してボーっとしてしまい、自分のカメラでは1枚も撮らず今UPする写真がないことに遅ればせながらガッカリしています・・・また、写真がいただけたらUPします!(S先生、宜しくお願いします

これからは新しいレパートリーになる曲をどんどん増やしていきたいです。たくさんたくさん世の中には素敵な曲がありすぎて、曲に惹きつけられていく引力と、その曲の大変さとの狭間でいつも揺れているのですが、ちょっと「エイッ」という気合で乗り越えていきたいです。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。