コンクール

  • Day:2004.06.20 21:35
  • Cat:音楽
6月26・27日に予選会が行われる「みえ音楽コンクール」まであと1週間になりました。

昔は「三重 器楽コンクール」という名称で行われていたこのコンクールが
現在の名前になって今年で第10回を迎えます。

私も小学生の時に一度出場しましたが、子供心に
自分の人生にとっての一大イベントだ!と
悲壮な気持ちで当日を迎えたことを昨日のように思い出します。

コンクール一週間前、もうあらゆることを試行錯誤し、
練って練って、表現の方法も固まっている時期に
“ただ通して弾きこむ”という練習しかしないのでは、とっても時間がもったいないと思います。
今日もレッスンに来た生徒さんと話をしていて

「本番の一週間くらいまえになると練習がだれてしまって・・・」

なんてことを言うのを聞き、ドキッとしました。

今くらいの時期には「これでもか!」というほど暗譜をしてほしいと思います。

片手ずつの暗譜は最強の武器(?)です。それこそ百人力。
ゆっくりと念入りに片手ずつの暗譜が出来ていると本番の落ち着き加減が全然違います。

暗譜と並行してすすめていきたいのは、自分の演奏を録音して聴く、ということです。
録音するときに緊張するのも大切な経験ですし、
録音を聴いて自分にダメ出しをして、次の練習計画を練るということはとても意義のあることです。
 
せっかくたくさんたくさん練習をして皆さん出場なさるので、
気持ちよく思うような演奏をしてほしいと思います。

本番では思いがけないことが起こってしまうもの、
とはいえやっぱり何も起きない方がいいし、
コンクールは水ものだからどんな結果になるか分からない、
とはいえ自分で納得のいく演奏をした上でしてもらう評価でなくては
参加した意味も半減してしまうというものです。

当日は何人の演奏を聴けるか分かりませんが、
小学生から大学生・一般の方までのいろんな方々の気合の入った、心のこもった演奏を
楽しみにしています!

Good Luck!!

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。