• Day:2010.11.29 19:37
  • Cat:音楽
今日は相愛の日。
先週お休みしたので御堂筋のイチョウを見逃したか?と思ったけれど、
まだまだ見頃でした。



大阪から帰る近鉄車内で携帯更新です

演奏会前にちょうど津のイチョウも見頃をむかえていたのだけど、
心に余裕がなかったのでしょう、気がつきませんでした。

会場のリージョンプラザ近くに大きなイチョウがあるんですが、
終わって目にした時

「きれいだなぁ

と、しみじみ思いました。
同時に気がついていなかった自分に驚きました。

リサイタルのご感想を、メールやコメントでたくさんいただきました。
様々なお言葉をありがとうございました。

終わった瞬間からずっと色んなことを考えています。

いつもなら終わった後は、
知人からしか感想を聞けませんが、
なかなか厳しく言って下さる方はいらっしゃいません。

ブログやホームページをしていることで、
お顔の見えない方からも率直なご意見をいただけて、深く心に沁みました。
一生記憶に残る演奏会になりました。


いただいたコメント、応援いただいているものも、お叱り下さったものも、
しばらく公開していましたが、パソコンに保存した上で
ブログからは消させていただきたいと思います。
せっかくコメント下さった皆様には申し訳ありません。

頑張ります!
スポンサーサイト

リサイタル御礼

昨日11月27日、リサイタル終了しました。

驚くほどたくさんのお客様にお越しいただき
本当にありがとうございました。

会場のお客様はあたたかな空気で見守ってくださって
終演後は舞台で幸せな気持ちでした。

でも悔しいミスも多く、気持ちを引き締めています。
お客様のあたたかさにつつまれてのんびりしてしまわないよう、
自信を持って
「これが私の感じる音楽です」
という演奏ができるように
これから精進していきたいと思います。

厳しく、そして願わくばあたたかく見守っていただければ幸いです。




朝立ち寄ったコンビニでこんなものを買いました。
2010112710490000.jpg

開演前に食べ(飲み?)ました。
気のせいか力が湧いてくるような

ショパン @ 附属中学校文化祭

ショパンにとっぷりつかる生活を送っています

少し前になりますが
12日に、母校 三重大学教育学部附属中学校の文化祭で
演奏させていただいてきました。

ショパン生誕200年にちなんでショパンを聴くコンサート。
出演はピアノが附属中学校校長兼重先生と、OBの私
歌が小林まゆみさん。
歌曲あり、ソロあり連弾ありのコンサートでした。

会場は三重大学の三翠ホールという大きなホール。
懐かしの中学校校舎内ではなくてちょっと残念だったけど
とても立派なホールで大勢の後輩たちの前で演奏するのは
幸せなことでした

ステージから客席を見回すと
見渡す限り

灰色

懐かしの母校の制服は、今も変わらず懐かしの灰色でした。


27日のリサイタルまであと中3日。
今夜は会場のリージョンプラザお城ホールで
ホール練習をしてきました。
ここでこの週末に・・・と緊張感も高まります

それにしてもショパンのバラード
なんて素晴らしい曲なんでしょう。
4曲がそれぞれに本当に素敵で、感動的。
4曲通して弾くために作られたものではないと思うけれど
通してみるとそれぞれのキャラクターの違いがとても効果的で絶妙
どこまで表現できるかなぁ。
したいことはいっぱい。


月刊Simple

リサイタルまでのカウントダウンに入ってきました。
カレンダーを一枚めくって
あ~~、今月だ・・・などと思った11月1日。


  


三重の情報がいっぱいの「月刊Simple」11月号に
リサイタルのことを取り上げていただいています。

月刊Simple
http://www.z-simple.com/
コンビニや書店にあります。

11月号のテーマは
「こんな時にはこんなお店。」

newsimple.jpg

とってもきれいな雑誌です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。