弾きあい会

  • Day:2010.09.27 00:54
  • Cat:音楽
今日は生徒さんたちの弾きあい会。
いつもはレッスン室にずらっと椅子をならべて、ぎゅうぎゅうでしたが
今回はぜいたくに、鈴鹿の「音の工房」さんのベヒシュタインフルコンサート

一度、この素晴らしいピアノを皆に体験してほしい!と思っていましたが
音の工房さんのご厚意で、この思いが叶いました。

P9260380のコピー

ひと通り皆が弾き終わった後、Y社長が楽器についてお話くださって
全員が、今度はアップライトを試弾させていただけることに

P9260376.jpg

このアップライトは、いつもエントランスに置かれているのに
今日のために、わざわざサロンに移動してくださいました。

このピアノについては、以前にも少し書きましたが
(コチラ)
本当に素敵なピアノなんです

終わった後、私は先に失礼しましたが
生徒さんたちは残って、さらにプレイエルや国産など、たくさんのピアノを弾かせていただいたとか。
Y社長はじめ、皆様、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

買ってよかったもの

  • Day:2010.09.06 20:28
  • Cat:音楽
ポータブルDVDプレイヤー
 
2学期が始まり、大阪初レッスン、帰りの近鉄特急です。
車内でゆっくりDVDを見るなんて、ちょっと贅沢な気分
 
画面はラフマニノフです。
 
今日の特急は、アーバンライナーでもないのに少しデラックスで嬉しいな
 

ギロックパーティー in 伊勢

  • Day:2010.09.04 00:12
  • Cat:音楽
昨日はギロックパーティー。
伊勢に行ってきました。

ギロックといえば安田裕子先生。
普段はカナダに住んでみえる先生が日本に帰国されて日本列島縦断、ギロックの旅 
伊勢では「名曲への道しるべ」と題した講座を開かれ、
私はそこでのピアノを担当させていただきました。

今回で3回目になる講座のお手伝い。
ギロックと親交の深かった先生ならではのお話はいつもとても素敵で、毎回
「うん、うん、そうだよなぁ」
と思いながら、ピアノの前で講座を受講している気分です。

ギロックが大切に思っていたこと、音楽に触れる子供さんたちへの暖かい愛情が
安田先生の、これまた暖かく力強いお話を通じて全国各地へ伝わっていく。
ギロックは、「音楽はコミュニケーションだ」ということを常に言われていたそうですが
そのメッセージが世代や国境を越えて、曲とともに伝わっていくなんて
素晴らしいことだなぁ、と思います。

今回はなんと安田先生との連弾もさせていただきました。
嬉しかった
また、名曲への道しるべ、ということから
ギロックの曲と関連のあるショパンの革命やワルツも弾かせていただきました

伊勢・松阪ギロック協会の皆様、安田先生、
ありがとうございました!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。