週末の過ごし方

  • Day:2009.05.11 01:08
  • Cat:音楽
9日(土)、岐阜でツィメルマンを聴いてきました

バッハ:パルティータ第2番
ベートーヴェン:ソナタOp.111
ブラームス:4つの小品Op.119
シマノフスキ:ポーランド民謡の主題による変奏曲Op.10

バッハの美しさと完成度の高さ、息をのむ素晴らしさでした。
こんなにもピアノという楽器は
様々な音色の輝きを表現し得るのだということに感動
ピアノを今まで弾いてきたこと、
そしてこれから弾いていくことを、嬉しく思います。

シマノフスキバリエーションのフィナーレ、
ff部分で「かかと」が上下に動く深いペダリングが多用されていたようで
今も気になっています。
普通「かかと」にあるはずの支点が
「つま先」にあるように見えました。
どんな体重のかけ方・・・?

客席から見ると右足と左足とが重なって、よく分からなかったのですが
初めて見るペダリングだったように思います。





10日(日)、東京でPTNAの「指導実技デモンストレーション」聴講してきました。
26名の先生方が、次々とレッスンをされるイベント、
恩師お二方がレッスンされることもあり、とても楽しみにしていました。

こんなに大勢の先生のレッスン、延長しないわけがない、と思っていましたが
そこはキッチリ、時間厳守。
なんと、コンクールの予選のようにベルで
「はい、そこまで」。

ここから、どう発展していくのかな、と思い始めたあたりで終わるパターンが多くて
ちょっと残念でした。
でも、そのぶんとても凝縮されていて、
朝の10時から夕方5時半までの長時間も
長く感じませんでした。

曲に対しての色々なアプローチ方法を目の当たりにして、
新たな方向からの光が見えたように感じた1日でした。

今朝は5時起きだったから、
宵っ張りの私もさすがにまぶたが重くなってきました・・・
ベッドに入って10秒後には意識がなくなりそう・・・・・









スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。