2008年 大晦日

  • Day:2008.12.31 23:17
  • Cat:音楽
今年のレッスン、練習を全て終え、
新年に向けてピアノを磨き
ピカピカにして蓋を閉じてきました。

今年も
色々な方々と共にあった一年でした。

皆様に感謝申し上げます


来年、幸せな一年になりますように。
悲しいことが少しでも世の中から減っていきますように。



皆様素敵な新年をお迎え下さい!



2008年12月31日 飯田文美
スポンサーサイト

プレミアムコンサートのこと

  • Day:2008.12.17 02:08
  • Cat:音楽
一昨日、プレミアムコンサートが終了しました。

来てくださった皆様、ありがとうございました


今回、菅原美枝子先生とご一緒させていただくという
贅沢な機会でした。

出番直後に楽屋前で先生と
1214-1.jpg
限られた合わせの時間の中で
本当に多くのことをアドバイスして下さって
そんな先生の音楽を吸収しよう
そして表現しよう、工夫しよう、と
本番直前まで思考回路はフルスピードで回っていました。

ラフマニノフの組曲第2番から
 イントロダクション
 ワルツ
 タランテラ
を弾きましたが、
ソロで弾く難しさに加えて
アンサンブルで2台分のピアノの音を聴き続ける難しさ
テンポ設定の難しさなど
身に沁みました。

2台ピアノの曲を代表する素晴らしい曲なので
機会があれば、また是非どこかで演奏したいです。
長く弾いていきたい曲に出会えました。


ピアノ部門ゲスト出演の二組、
菅原先生のお隣は私の恩師兼重先生ご夫妻。
1214-2.jpg
プレミアムコンサート大トリとして
ブラームスのハイドンバリエーションを弾かれました。

小学校3年生の時に門を叩いてから
今日までずっとずっと先生は見守って下さっています。
1214-3.jpg
いつもありがとうございます


終演後は、コンクールで県知事賞を受賞された
コンサート主役の皆さんと写真を撮ったりして
和やかな楽屋前でした。

おひとりずつに許可を取っていないので
写真を載せられませんが
若くは中学生のピアニストお二人から大人の方まで
皆さん緊張感から開放されてとてもにこやか。
年齢や楽器の差こそあれ
音楽で一つにつながっていることを感じる
幸せなひとときでした。




プレミアムコンサート

  • Day:2008.12.11 02:09
  • Cat:音楽
今度の日曜日14日は三重県文化会館で

みえ音楽コンクール 入賞者記念演奏会 プレミアムコンサート

本番です。
是非是非、いらっしゃって下さい。

みえ音楽コンクールは毎年予選、本選が行われ
(本選のみの部門もあり)
ピアノ部門はソロとデュオに分かれ、ソロは
小1・2年、3・4年、5・6年、中学、高校、大学以上一般という
6つの年齢カテゴリー別に審査されます。

それぞれのカテゴリーに数名ずつの入賞者がみえますが
(2008年の入賞者はこちら→pc_click.gifクリック

昨年から「県知事賞」が各部門にたった一人(又は一組)
与えられることになりました。
一位の中の一位、堂々たる立派な賞です。

この日曜日のプレミアムコンサートには、
昨年の県知事賞受賞者3名と
今年の受賞者4名が出場します。
(ちなみに受賞者が今年1名増えているのは
フルート部門が新設されたからです。)


コンサートの主役は7名の受賞者の皆さんですが
そこにゲスト出演として、三重県ゆかりの演奏家が5名出演、
私もデュオで出演いたします。

2台ピアノでラフマニノフの組曲第2番(抜粋)、
ご一緒させていただくのは名古屋芸術大学教授の菅原美枝子先生です。

今日はホールでリハーサル、
たっぷり弾かせていただいてきました。
会館のご厚意で実現したホールリハ、
こんなに贅沢なことはありません。

dai-H.jpg

写真はリハーサル終了後に客席から。
広い広い大ホールの舞台も
フルコンのグランドピアノが2台も並ぶと
ぎっしり詰まった感じ。


私は第2ピアノ担当なので
向かって右側、蓋のないピアノを弾きます。
ソロや伴奏のときとは全く違った景色が見える場所での演奏
ちょっと新鮮です。

こうやって見てみると・・・
・・・袖から出て位置につくまでが長いなぁ・・・。

御堂筋 

  • Day:2008.12.05 01:13
  • Cat:音楽
2週間前に大阪へ行ったときには
まだこんなに青々としていた銀杏並木が

midou1.jpg

この月曜日にはこんなに輝いて!

midou6.jpg

midou3.jpg


近鉄難波駅を出てから相愛までの地下鉄二駅分
こんな美しい秋を見ないで地下にもぐるのも勿体なく
ゆっくり眺めたり足をとめたりしながら歩いていきました。

ずーーーーーっと続くこの銀杏並木、
端から端まで歩くと一時間くらいの距離です。



2週間前、まだ青かった木には
ギンナンがたっぷり実っていました。

gin-nan2008.jpg

こんなにもたわわに、まるでブドウの様。
ギンナンのにおいに誘われてふと見上げて
人生初めて目にしたこのさまは
一歩退くほどに衝撃的でした・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。