廣永陶苑

  • Day:2007.05.08 23:19
  • Cat:徒然
爽やかな風が気持ちのいい季節になりました。
ゴールデンウィークも終わり、この後は駆け足で夏に向かっていくんですね。

うちの片隅では今すずらん(なのかな?)が満開です。

          suzuran.jpg

可憐でイキイキしていて、スカルラッティのソナタのような(?)花。
大好きです。

さて・・・
ゴールデンウィークは1日半休みをとってゆっくりする予定だったのに
・・・
一番初めに行った場所で右足首を捻挫
残りの1日はどこにも出かけずに過ごさざるをえなくなりました。

何年ぶりだか分からない捻挫、数時間は痛みも何もなく
「何もなくてよかった」
なんて思っていたのに、徐々に痛みが増してきて
夜にはついに振動だけでも辛い痛みに。
捻挫ってこんなに時間差で痛みに襲われるものなのでしょうか?
不幸中の幸い、軽症だったらしく、2日後には両足で歩けるようになりました。
今日はもうペダルも踏める

捻挫していることに気がつかないでいた、お間抜けにも幸せな数時間、
近くにありながら今まで1度も訪れたことのなかった廣永陶苑へ
ちょっとだけ立ち寄ってきました。

    hironaga.jpg

歴史に名を残す陶芸家川喜田半泥子が拠点にしていた陶苑です。

門をくぐると竹林

    chikurin.jpg



すぐ脇には小さな池

    ike.jpg

とても静かで、自然が作り出す音しか聞こえず
半泥子が作陶の場に選んだ理由の一端に触れた気がしました。

この日は予定せずにふらっとお庭に立ち寄っただけだったのですが
次の機会には是非もっとじっくり色々と見せていただきたいです。
スポンサーサイト

五月晴れ!

五月晴れというには1日早い30日、Vn.研究発表会の伴奏で三重県総合文化センターに行ってきました。

ヴィヴァルディ、ヴュータン、ブルッフ、チャイコフスキーのコンチェルトをそれぞれ楽章抜粋で、
そしてフィオッコ(お初の作曲家でした)の小品、と5人の方の伴奏をしたのですが、
かなり直前にいっぱいいっぱいで準備したので、終わったら疲労困憊していました。

いつも目先の練習に追われて次の本番までの計画がうまくたてられないのが私の弱点のひとつ。
1年以上の単位でもっと計画をたてて曲に取り組まないと・・・。

お昼に外へ出たらこいのぼりが目の前に!
koinobori.jpg
こいのぼりなんて間近で見るのは何年ぶりかなぁ。

ずっと続いていた色んな伴奏が昨日で一段落。
さぁ、明日は早起きして午前中たっぷりソロの練習しよう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。