YPF本選 in 三重

  • Day:2006.03.30 23:03
  • Cat:音楽
ヤマハピアノフェスティバル(YPF)の本選会の日。
四日市まで出かけてきました。

小学校1・2年生部門、3・4年生部門を聴いてきましたが、全員がそれぞれ出来ることを精一杯表現しようとしているのがよく伝わってきました。
聴きながらちょっとしたメモをとっていて、結果発表では自分のメモと照らし合わせてチェックするのですが、今日の結果には2~3人「アレ?」と思う人が入賞していなかった他はおおむね賛成といった感想でした。
入賞した人たちには総じて「自分の出している音を積極的に聴く」という姿勢があったように思います。

「聞こえている」と「聴いている」というのは似て非なるもの。
自分の音を弾きながら聴けるようになったら、それだけでその先のあらゆる表現への扉がパタパタと音をたてて開いていきます。
いつもそれを目指してレッスンしていますが、小学生でも大学生でも関係なく、これはかなりの難関。

大きなコンクールになれば、これができなくて入賞はもちろんありえません。
みんながその上のステップ、「音の美しさ」「表現力」「柔軟さ」「センス」「推進力」「構成力」などなど様々な要素をからめて、トータルでの演奏能力でアピールします。

今、私のところでピアノに触れている生徒さんたち、それぞれどんな道を進んでいくのか可能性は星の数ほどあります。
今は将来の夢や目標を「音楽」ではないところに置いていても、彼女が、彼が、ある日「ピアノの道に進みたい」と思った時、今のレッスンの積み重ねがその時役に立つように下地を作っておきたい。
自分の音を聴けて、美しい音を出せるようにレッスンしておくのが今の私に出来ることだと思います。

今日入賞した皆様、おめでとうございます
悔しい思いをした方々も、結果を受け入れて、これから更にいい演奏を目指してほしいと思います。
スポンサーサイト

みえ音楽コンクール

  • Day:2006.03.28 23:46
  • Cat:音楽
第12回みえ音楽コンクールの詳細が発表になりました。
こちらから課題曲や日程などご覧いただけます。

このコンクールの運営に関わるようになって数年になりますが、毎年のように出場される常連さんもいらっしゃって、今年はどんな人がどんな演奏を聴かせてくれるのかなぁ?と、とても興味深いです。
常連さんも、初めての方も、どんどんご参加下さい。

昨年スタートしたプレステージコース、今年も開催されます。
順位はつきませんが、ステージの緊張感を味わう経験が出来、審査員の先生から講評が頂けるいい機会です。
皆様のご参加をお待ちしています

スカルラッティ ソナタ集

  • Day:2006.03.14 00:09
  • Cat:音楽
                 
遂に!買ってしまいました!
迷い続けること1年、スコット・ロスのスカルラッティソナタ集
34枚セット、全555曲のソナタが全部入っています。
全部聴こうと思ったらすごいことになりそうだけど、とっても嬉しい!
少し聴いてみたけれど、とってもいいです。
数年前から販売していたけれど、当時は両手で抱え持つほどのパッケージ。今のものはそこからは想像できないほどコンパクトになり、なんとこの枚数でも厚さ10cmを切るサイズ。収納にも便利で、サイズだけでなく価格も大幅ダウン
紙のケースになったけど、プラスチックケースを重要視しない私には嬉しい限りです。

いいCDを買ったときって幸せです。


リニューアル

梅の花も見ごろを迎え、春らしくなってきました。
庭で満開になっているふきのとう(もう食べられない・・・)のきれいな若い緑色を見ていて、新緑の色にテンプレートをリニューアルしたくなりました。新緑の季節にはまだ早いですが・・・

とりあえずはブログから。
ちょっとずつ本館ホームページの方もデザインを合わせて行こうと思います。

PTNA!ピティナ!

PTNAの課題曲が発表になってから、曲選びに頭を悩ませています。
スッと決まってしまう曲もあれば、なかなか決断できなくて「ど~したもんか?」と迷ってしまうものまで色々。

G級や特級の様に「時代・演奏時間のみ指定、あとは自由チョイス」という選曲の仕方には自分の経験も含めて慣れているのですが、決められた数曲の中から選ぶのは、独特の難しさがあります
生徒の手の感じ、大きさ、得手、不得手、全体の構成、などなど色んな考えられる要素を全部フル動員して少しずつ決めていっています。

留学から帰って指導をはじめ、色んな年代、色んなレベルの生徒さんたちと接するようになって毎日が勉強です。
子供のための曲集なんて自分が弾いたことのあるものしか知らなかったけど、いろいろアンテナをはり始め、興味も深まってきました。
弾いてみるといい曲がホントにホントにたくさんあって嬉しいです。
ちゃんと教師として成長していけるよう、努力しないと。
今からはYPFの本選会、PTNA、みえ音楽コンクールとコンクール続き、生徒さんたちにとっても気合の入る時期です。コンクールってやはり色々あって100パーセントいいことばかりじゃないけれど、いい経験になるし、いい練習、いい準備をするならば参加には大賛成です。

今、全国で私と同じように選曲に苦心している先生がいっぱいいらっしゃるんだろうな~、と思うと不思議な仲間意識のようなものを感じてしまいます。
私も三重で頑張ろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。