発表会

  • Day:2004.04.28 21:28
  • Cat:音楽
木々の新緑が目に爽やかな季節になりました。
 
厳しい冬を越えてきた枯れたような木の枝からひとつ、ふたつ新芽の気配を感じ始め、
あっという間にやわらかな緑色に包まれるこの季節が大好き。
自然のたくましさ、勢いにはいつも元気づけられます

先週、いつもお世話になっている知人のピアノの先生の発表会に初めてお邪魔しました。
 
幼い頃から発表会には何度となく出てきましたが
自分が師事している先生のではない発表会に行ったのはそういえば初めてのことでした。

まだ小学校にもあがっていないような小さなお子さんから大人の方まで
いろんな方が色んなジャンルの曲を弾いていて、とても楽しい経験でした。
 
今は親御さんが客席からビデオカメラで録画する時代なんですね。
ひとり終わるとまた次というようにホールのあちらこちらで次々カメラをかまえる姿を目にすると
時代を感じてしまいます。

私が演奏したもので残っている最も古いものは
小学生のときに受けた三重県器楽コンクール本選会の演奏、
ですが・・・カセットテープの録音・・・

たいへんにアナログで今聴くと多少驚きます。
スポンサーサイト

自動車学校

  • Day:2004.04.19 21:26
  • Cat:徒然
免許が取れる年齢になってから10年以上経った今、
やっと自動車学校に通い始めました。
 
大学に行っている間は東京だったので車の必要性を感じなかったし、
留学中にも特に免許欲しいなぁとも思わなかったのでついつい今まで

愛車=自転車

という健康的な生活を送ってきたのですが、
やっとやっと免許取得に向けて行動を開始しました。
 
実はポーランドにいる間に「免許とろうかなぁ・・・」と考えたこともありました。
 
というのもポーランドではとても安くで自動車免許が取れるんです。
数万円。
とても魅力的に感じたのですが、時間もかかるし、
特に今じゃなくてもいいか、と、結局取らず仕舞いで。

まだ通い始めたばかりですが、実際に車に乗っての教習がとても興味深いものです。
全く未知の世界に踏み込むということでワクワク・ドキドキしていたので、
運転技術そのものもとっても興味深いんですけど、
期せずして全く違った興味深いことを体験しています
 
もう5~6回実際車に乗りましたが、その度教官が違うんです。

同じ車を運転する技術というひとつのことをいろいろな教え方で教えてもらう、というのが
思いがけずとても面白いのです。
面白いなんて言ったら教官に失礼なのかもしれませんが、
同じことを教えるにもいろいろな方法があるんだなぁと驚くことしきりです。
例えるなら、セミナーかなにかでひとつの曲を何人もの教授にレッスンしてもらう感じで。

生徒と教師の相性もさることながら、
その時その時の生徒の状態(段階)に応じた指導が必要なんだな、と
生徒の立場に立ってみると改めて実感しています。

無事に免許が取れますように(近いうちに!) 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。