コブリン

27日名古屋でのロータリー・ポリオ撲滅チャリティーコンサート、無事終了しました。
来てくださった皆様、有難うございました。

ピアノが3人、歌が4人のジョイントコンサートでしたが、色々なバラエティーに富んだプログラムでお客様にもとても喜んでいただけたようで嬉しかったです。
 
会場は名古屋の地下鉄伏見駅近くの「電気文化会館」でした。

明和高校の学生だった頃定期演奏会でこのステージに立ったことがあり、
その時はただただ弾くことに精一杯で何がなんだか分からなかったのですが
今回はとても気持ちよかった!

久しぶりに弾いてみて・・・とてもよく響くホールで、びっくりしました。
今まで日本で弾いた中では一番残響が長かったような・・・
本番ではお客様が入るのでそうでもないですけど、
特にリハーサルの時にはまるでヨーロッパのお城の中のホールか教会で弾いているような感じでした。
 
翌日28と29日には朝から昨年開催された「浜松国際ピアノコンクール」の本選会の模様が
BSで放映されるというので楽しみにしていました。

ファイナリストの6人のうち5人のお名前はいずれの方もどこかで聞いたことがあったんですけど、
2位にコブリンと同位入賞したブレハッチのことを全く知らなかったので
「彼がポーランド人である」ということ、
「ファイナルでショパンの1番のコンチェルトを弾いた」ということもあってとても興味があったのです。
彼の演奏はとても清潔な感じで綺麗な澄んだ音でした。
 
ロシアものでいっぱいだったファイナルのなかにあって
いい意味で異色のステージだったんだろうなと思います。

彼は2005年のショパンコンクールを目指しているそうなので
今からポーランド国内では注目されていることでしょう。
 
つい最近2000年のコンクールでユンディ・リが優勝したような気がするのに
もう来年が2005年だなんて、本当に月日が流れるのはびっくりするほど早いものです・・・・
 
2000年のショパンコンクールで第3位だったコブリン、
浜松のコンクールでは開催前から優勝候補と目されていたようですが
結局は1位なしの2位でした。

今回の浜松の予選を生で全く聴いていないので何ともいえませんが、
本選を聴いた限りでは他の5人よりは1ランク上だったように思います。
自由自在にピアノを操り、ppからfffまで様々な質のよい音を1つのピアノから引き出してきてまとめあげた説得力のある素晴らしい演奏でした。

予選で何か審査員に悪い印象を残すようなことをやってしまったのかもしれませんが、
あれほど他の人達と違うのならば1位になってもよかったのに・・・と思います。
 
きっと何十人、何百人もの人達が同じように感じているのでは?

名古屋か大阪(もちろん三重も!)でコブリン演奏会してくれないかな。絶対聴きにいきます!
スポンサーサイト

まんぼう・・・ただし食用??

  • Day:2004.01.19 21:00
  • Cat:
今日まんぼうを生まれて初めて食しました
食べたことがないのはもちろん、食べられるものだということさえ知らなかったのでおっかなびっくり箸をつけました
 
私の住む三重県の南の方の町「紀伊長島町」ではマンボウが町のさかなになっていてなんとマンボウの漁をしているのだそうです。そして地元の料理店では旬の冬になるとマンボウ料理が食べられるのだとか。びっくりしました・・・
 
どうやって食べたらいいものか全く分からなかったのですがいろいろと検索した結果お刺身と酢味噌和えでいただきました。あまりにもたくさんあったので半分は冷凍して後日天ぷらにしてみようと計画中です

肝心のお味ですが、

 「・・・?・・・・?・??・・・」
 
という印象です。歯ざわりはホタテのお刺身、少しプリプリしてる?味は水ゼリー?

水分がとても多くてなんだか「極限までうまみと味を削除してみました」という感じでした。
料理の仕方が悪かったのかなぁ?
きっと天ぷらにしたほうがおいしいんだろうな、と思います。
本当に淡白な味でした。

mannbou-mini.jpg

調理前のマンボウ白身
左にあるのは肝です。すりつぶして酢味噌に和えて食べました


新年

  • Day:2004.01.07 20:56
  • Cat:徒然
本当にお正月なの?と思うような暖かい1週間でした。
巷に災いが数多く溢れている昨今、「明日は我が身」という感じですが
幸い今年も静かで穏やかな新年を迎えられました。
今年も1年間健康でいられますように・・・

元日は市内の神社に初詣に行ってきました。
三重県といえばやはり伊勢神宮ですが三が日のあまりの混雑と伊勢までの距離
(といってもたいしたことはないのですが・・・)
に、なかなか伊勢まで出掛ける決心がつきません
 
私は特に宗教にこだわっていませんが、神社やお寺という場所に行くと
心があらわれるような神聖な気持ちになり、落ち着きます。
日本人として今まで生きてきた様々な経験によって
そのような気持ちになる自分が作り上げられたのでしょう。

留学中本当に何回も教会に足を運びましたが 
感動こそすれ、神社やお寺で感じるような感情が湧いてきたことはありませんでした。

教会、キリスト教に深いつながりのある音楽をしている身で「どうか?」と思わないでもないですが、
やはり異文化に触れているという興奮と緊張感とがいつも伴っていたように思います。
神社に数年ぶりに行って自らのアイデンティティーを確かめてきたお正月でした。

2004jinjya.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。