5月最後の日 近鉄難波駅

  • Day:2008.05.31 23:57
  • Cat:
午前中所用で大阪へ。
午後は三重県文化会館でゲルバーのピアノリサイタルへ。
夜は場所を変え、リージョンプラザ。
高瀬先生ピアノの室内楽演奏会へ出かけました。

決して演奏会自体多くない三重県津市で
同じ日に行きたい演奏会が2つ重なるなんて
そして幸いなことに開演時間がずれていて
その両方が聴けるなんて

早起きの疲れも吹き飛ぶ
幸せな一日でした。

疲れが吹き飛ぶと言えば

大阪からの仕事帰りに熱いコーヒーを一杯買って特急に乗り
窓側の席で飲むのが至福のひと時だったのですが
数ヶ月前に近鉄難波駅構内の「シアトルズベストコーヒー」が閉店
それでもどうしても熱いコーヒーが飲みたくて缶コーヒーでしのいでいました。

ところが
知らなかったのですが、この季節になると
ホットの缶コーヒーってなくなるんですね・・・。


それが今日近鉄の改札を入ってみると
なんと・・・

立派な立派な駅ナカ施設が難波駅に
nanba1.jpg

5月30日に「Time's Place」がオープン、
その中にエスプレッソも飲める「イリー」がありました

こんな気持ち。
早速コーヒーを買って帰途につきました。
あ~~~嬉しい。

しかもオープン記念サービスで美味しいトリュフチョコを一粒いただきました。


他にも本屋さんやお花屋さん
トルコ料理のお店や船場カリーなど、色々あって嬉しい限りです。

工事をしてるのは見ていたけれど
通路の作り直しくらいに思っていたので喜びもひとしおです。
まさかこんな素敵なサプライズが待っていたなんて





スポンサーサイト

HINT MINT @大阪

  • Day:2007.01.30 02:04
  • Cat:
大阪へ行ってきました。
アシスタント的な立場で大阪でも何人か教えているのですが、
なんとか日帰りをしようとするので、朝は早く、夜は遅くなってしまいます。

ホッとする時間は、帰りに難波駅のコーヒーショップでコーヒーを買って電車の中で飲むとき。
一日終わったな~、と思えるこの一瞬を楽しみにしています。
鶴橋から乗ってもいいのに、鶴橋には構内にコーヒーショップがない(多分)ので、コーヒーを求めて難波から乗るほど

その他にもうひとつの楽しみは、梅田駅にある輸入食料品店をのぞく事。
生ハムやサラミ、初めて見るリンツのチョコやミネラルウォーターなどをよく買って帰ります。
昨日ふら~っと眺めながら歩いていて、あまりのかわいさに思わず買ってしまったのが・・・
hintmint.jpg
これ!HINT MINTというミントでした。
ゆるくカーブしたとっても綺麗なケースで、ちょっといいお値段だったけど、あまり迷わずご購入♪
写真はチョコ味。他にシナモン味や普通のミントなど、何種類か置いてありました。
津でもどこかで売ってるかな?
かなり気に入ってしまいました。

もうひとつの楽しみは電車の中でゆっくり本を読むこと。
眠すぎて寝てしまう場合も多いけど、必ず何十分かは読んでいます。
昨日通りすがりのコンビニで見つけて買ったのが・・・
nazo2.jpg
これ。
パラパラっとしかまだ見てないけどなんだか面白そうです。
レッスン室に置こうかな。


ミント、本、コーヒーを持って準備万端近鉄に乗り込んだら・・・

???

いつになく広々とした、デラックスでちょっと近代的な感じ。
間違えてデラックスシート買ってしまった???と思って確かめてもそんなことはなく、
どうやらアーバンライナーネクストという、最新のモデルだったようです。
同じお値段なのに得した感じ
前の席との間隔がとてもとても広くてゆったり。
普通特急の1.5倍くらいはあったんじゃないかな?
また次回もこの電車に当たりますように。

pane panda パネパンダ

  • Day:2006.11.02 00:58
  • Cat:
1年(もっと?)前に最寄駅前のお気に入りのパン屋さんがなくなってしまって以来いまひとつ気に入るパン屋さんがなかったのですが・・・
ついに出会ってしまいました
お友達に教えてもらって、ずーっと行きたかったんだけど、数日前ついに行ってきました♪
その1回目でグラッと心を動かされてしまい、今日は2回目の訪問です。

とっても小さなお店なんだけど、私の好みにぴったりのパンがたくさんあります。
マカダミアナッツのフランスパン
クルミのフランスパン
栗のデニッシュ
柿のデニッシュ
どれも美味しかった

特にお勧めは
 ドライフルーツの入った固めのパン、
 マカダミアナッツのフランスパン。
特にマカダミアはふんわりした甘みとパンのしっかりした歯ごたえが絶妙。初めて食べる味でした。
panda2.jpg
写真は
食パン(ロゴマークの焼印がかわいい!)
柿のデニッシュ
クルミチーズ
栗のブリオッシュ(だったかな?)

お店は津市藤方のトイザラスのすぐ裏。
名前はpane panda(パネ パンダ)
小さなお店だけど駐車場もあります。
うちからはかなり遠いけど通ってしまいそうな予感。

ジャスミン茶・工芸茶

  • Day:2006.07.27 23:56
  • Cat:
普段絶対的にコーヒー党で、多い日には1日に10杯以上飲むくらいコーヒー大好きだったはずなのに・・・
先日の伊勢での演奏会を前に緊張状態にあった時から、なぜか全くコーヒーが欲しくなくなってしまいました。

いつも演奏会前になるとコーヒーから中国茶、紅茶や日本茶(少しは胃にやさしいのか?)に飲み物の好みが自然に変わっていっていたのですが、こんなに長くコーヒーを飲みたくならないのは一体どういうわけなんだろう?

私はネットでよく買い物をするのですが、美味しい中国茶をいつも買っている彩香というお店は、かなりのお気に入り。

いつも欠かしたくないほど気に入っているのは、ジャスミン茶「茉莉白龍珠」

             saika.jpg

以前からジャスミン茶は好きでよく飲んでいましたが、これは今までに飲んだ中でも本当に美味しい
上品な、まさに馥郁たる香り、まろやかな味。
コロコロした見た目もかわいいです。

ここのお店には、お湯を注ぐと花が咲く、不思議な工芸茶もたくさんあります。
いくつか試してみましたが、目でも楽しめるお茶、ということでちょっとしたサプライズです。
うまく花が咲くとかなり美しいです
お店のサイトにたくさん写真があるので、花の咲くお茶「工芸茶」、是非見てみて下さい。

コーヒー党返上してジャスミン茶党になろうかな・・・
ちょっと夕飯食べ過ぎたかな~、というような食後、
朝まだ頭が起きていない・・・という時、
思うようにピアノが弾けない時、
推理小説をゆっくり読む夜、
いろんなシチュエーションにぴったりきます。



  • Day:2006.04.08 13:50
  • Cat:
ですね!
関西方面の桜が東京に比べて随分遅かった今年も、やっと満開になり、さわやかな風と景色とに心が浄化されるような気持ちになっています。
桜を見たときのあの圧倒されるような全てを委ねたくなるような魅力って、素晴らしい音楽や芸術に触れたときの感動にも似ている気がします。

ところで・・・
春になると食べたくなるのが・・・・・
                    
                    

                    

yajirushi_i_f03.gif

Read more...

牡蠣の佃煮

  • Day:2005.11.22 23:26
  • Cat:
今日は久しぶりにレシピを一品
ビールにも、そして何より白いごはんによくあう「牡蠣の佃煮」です
牡蠣の美味しい旬の今、是非お試し下さい
なお、レシピはかな~り適当で目分量です
味見をしながらご自分の舌をどうか頼りになさってください。
kaki.jpg

材料
牡蠣:大粒のもの2パックほど
しょうが:ひとかけ
     (親指の先っぽ程度)
酒:牡蠣が腰まで()つかる程度
砂糖: 結構たくさん。大さじ2くらい?
    お好みで
みりん:やはり適当。大さじ1~2?
     砂糖とのバランスをみて。
しょうゆ:味をみながら適当に
      目安は大さじ2くらいかな??


作り方
牡蠣はつぶさないよう塩水の中でていねいにふり洗いする。
水がにごるので何回も変えて。
その後水分をペーパーなどでていねいにふいておく。
千切り(出来る限り薄く、細く)にしたしょうが、酒、砂糖を火にかけ、沸騰したら牡蠣を入れる。ここで甘味を充分先に含ませるのがコツ。かも。
水やだしは使いません。
みりん、しょうゆを加え、煮詰めていく
煮汁がなくなるまで煮詰めるのですが・・・
もしなかなかなくならない~というときは牡蠣だけ取り出すとよいですよ
いい感じに照りが出たら完成。

美味しいですよ~
けっこう味が濃いのでひとくちでパクっと食べるとクドイかもしれません。

サロン

  • Day:2005.08.18 21:42
  • Cat:
先日クラシック愛好家の方からお誘いを受け、
その方のご自宅でのちょっとした集まりにお邪魔させていただきました。

私は飛び入りの初参加だったのですが、
毎年1度ご自宅に愛知県、三重県など中部地方の音楽家を中心に
音楽パーティーをしていらっしゃるそうです。

顔ぶれは、ピアニスト、ヴァイオリニスト、チェリスト、作曲家、声楽家、文化施設の方・・・
本当に様々で、楽しいひと時を過ごしました。

とてもとても素敵なお宅で、グランドピアノのまわりに20人以上が集まっても
充分なゆとりのスペース。
みんなが気ままに何曲か順番に演奏し、
お酒やお料理をいただきながら自由な場所で自由な聴き方で耳を傾ける、
まさにサロン。
ロマン派の時代のサロンはきっとこんな雰囲気だったんだろうな~と思いを馳せたりしました。

ショパンがロマンチックで繊細ななメロディーと和声でみんなを虜にし、
次には「いやいや、俺だって」とリストが華麗に超絶技巧を披露・・・
いいものですね!

私はお菓子作り・料理が大好きなのですが、
その日はドライフルーツ・ブランデーケーキとベイクドチーズケーキをお持ちしました。

フルーツケーキは「これでもか!」っていうくらいブランデーをしみ込ませた充実しっとりタイプ、
チーズケーキにはふわふわなスフレタイプのものからずっしりみっちりタイプのものまで色々
ありますが、今回のものはずっしりみっちりタイプ。
幸いどちらもとても評判がよくて嬉しかったです。
何名かの方からレシピのご要望があったので、チーズケーキの方のレシピを
(フルーツケーキの方はちょっと込み入っているので・・・)
公開しようと思います。

ベイクドチーズケーキ
10×19cm程度のパウンド型1台分


Aクリームチーズ・・・380g(湯せんにかけてクリーム状に練っておく)
 サワークリーム・・・130g
 グラニュー糖・・・100g

B卵・・・小2個
 卵黄・・・小1個分(よくときほぐす)
 コーンスターチ・・・10g強(ふるっておく)
 無塩バター・・・35g(湯せんで溶かす)

Aを1つのボウルに全部入れてよく混ぜて
 だまのないようになめらかにする。
Bをそれぞれ順にAのボウルに加える
・型に流し込む(テフロン加工でない場合には紙を敷く)
・沸騰した湯をバット(深さがあればオーブンの天板で)にはり
 型をそこに静かに置く
・160℃のオーブンで90分蒸し焼きにする
・あら熱をとり、冷蔵庫でよく冷やして型から出す

以上!

とても簡単です!失敗がありません!美味しいです!
もし焦げ色が強いようならアルミホイルをかぶせたりするといいですよ。
綺麗なオレンジ色のような茶色のような焼き色がつくのが理想です。

サワークリームの酸味が効いていますが、
お好みでレモンの絞り汁を入れても美味しくいただけます。

とてもこくがあってしっかりしているので、小さく切り分けてお召し上がり下さい。

ショパン・・・Cho-pan

  • Day:2004.11.25 02:42
  • Cat:
お店で見つけてずっと気になっていたチョコを買ってみました。

その名もショパン。
chopan_l2.jpg


Chopinかと思いきや微妙に違うChopan・・・ 
pan=お皿にかけているんだとか・・・
 
panに見立てたチョコのお皿にプラリネが注がれて、その上にパイがのっています。

これが結構美味しくてびっくり!

もちろん高級チョコレートとは比べようもないんだけれど、
サクサクのパイとプラリネがいい感じです。
地域限定商品で、関東の方では売っていないようですが、
幸い私の生活エリアでは簡単に手に入ります。
久し振りにはまってしまいそうです。
このチョコの商品名には「第5番」と、ついているのですが 
今後第3番とか第7番とか出てくるんでしょうか??

とても楽しみです。

パン屋さん

  • Day:2004.06.09 21:33
  • Cat:
いつもいつも前を通っていたのに今まで一度も足を踏み入れたことのなかったパン屋さんで
つい先日初めてお買い物をしました。

今まではそのお店の前を通るのは閉店間際の時間帯だったので、
お店の中にはもうあんまり商品が残っていなかった・・・
ということもあってお店に入ってみようとは思わなかったんですけど、
たまたまお昼頃通りかかったら、お店の中に美味しそうなパンがいっぱい!!
乗らなきゃいけないバスの時間まで2分しかなかったのに
衝動的にお店に入って食パンとフランス田舎パンを買ってきました。
 
家に帰って食べてみたら、これが美味しくて美味しくて・・・
 
食パンがしっとりしっとりで水分が豊富で、トーストするとパリッとして美味しい!
コンビニなんかで買うパンがインスタント食品のように思えてしまって。
本当のパンって、そう、こんな味!という感じです。これから何回もきっと通うと思います。
 
調理パンや、菓子パンもいろいろあったけど、
まずは大好きな食パン、フランスパンなどを全部残らず食べてみたいと計画中。

場所は近鉄津新町駅前、三重交通バスのロータリーバス停前、
お店の名前は「パン屋」です

津新町駅に行かれることのある方は是非お試しください♪

まんぼう・・・ただし食用??

  • Day:2004.01.19 21:00
  • Cat:
今日まんぼうを生まれて初めて食しました
食べたことがないのはもちろん、食べられるものだということさえ知らなかったのでおっかなびっくり箸をつけました
 
私の住む三重県の南の方の町「紀伊長島町」ではマンボウが町のさかなになっていてなんとマンボウの漁をしているのだそうです。そして地元の料理店では旬の冬になるとマンボウ料理が食べられるのだとか。びっくりしました・・・
 
どうやって食べたらいいものか全く分からなかったのですがいろいろと検索した結果お刺身と酢味噌和えでいただきました。あまりにもたくさんあったので半分は冷凍して後日天ぷらにしてみようと計画中です

肝心のお味ですが、

 「・・・?・・・・?・??・・・」
 
という印象です。歯ざわりはホタテのお刺身、少しプリプリしてる?味は水ゼリー?

水分がとても多くてなんだか「極限までうまみと味を削除してみました」という感じでした。
料理の仕方が悪かったのかなぁ?
きっと天ぷらにしたほうがおいしいんだろうな、と思います。
本当に淡白な味でした。

mannbou-mini.jpg

調理前のマンボウ白身
左にあるのは肝です。すりつぶして酢味噌に和えて食べました


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。