BLOG 引っ越しました

  • Day:2016.06.28 15:42
  • Cat:音楽
ホームページリニューアルに伴い、BLOGを引っ越しました

新BLOGは こちら

今後ともよろしくお願いいたします。


飯田文美



スポンサーサイト

謹賀新年2016

  • Day:2016.01.02 17:13
  • Cat:音楽

20160102170506026.jpeg

明けましておめでとうございます


2016年元旦は、久しぶりに初日の出を見に行きました。
自然の美しさには言葉もなく、ため息が出ます。

今年も指導に、演奏に1日1日を大切に積み重ねたく思います。

本年も宜しくお願いいたします。


飯田文美



5年に1度

ショパンコンクール開催中のポーランドから戻り、日常生活にとっぷり浸かっています。
もっとゆっくり聴きたかった!という想いは残るものの満ち足りた時間を過ごしてきました。

回を重ねるごとに、参加者の演奏から受ける衝撃が強くなってきているような。
一体ピアノの表現ってどこまで可能性があるんでしょうか。
ミラクル、魔法のようです。

1次予選最終日を聴けずに帰国してきてしまったのですが、
3日~6日の4日間で驚くような演奏にいくつも出会ってきました。

現地時間12日夜には2次予選→3次予選に進むセミファイナリストが発表されますが
入っていてほしいと切に願っている人たち

Seong-Jin Cho (South Korea)
Dinara Klinton (Ukraine)
Alexia Mouza (Greece)
Georgijs Osokins (Latvia)
Charles Richard-Hamelin (Canada)
Dmitry Shishkin (Russia)
Arseny Tarasevich-Nikolaev (Russia)

そしてもちろん日本から参加されている小林さん、中川さん、小野田さん、須藤さん、有島さん。

1次予選だけではわからないことはたくさんあるけれど
感じることもたくさんありました。
10代、20代の若いピアニストたちの気迫のこもったエネルギー、全力の表現、燃焼、本当に素晴らしかったです。

全力で何かに向かうということがどれほど尊いか感じたポーランド滞在でした。


コンクール演奏配信中です
https://www.youtube.com/channel/UCSTXol20Q01Uj-U5Yp3IqFg

ショパンコンクール2015



5年ぶりのポーランドに来ています。



留学中の2000年に初めてショパンコンクールを聴き、それ以来今回で4度目です。

初日、2日目が終わり、素晴らしい演奏に興奮。



一次予選、あと2日続きます。

M祭! 終了


三重ジュニア管弦楽団と生徒さんたちの共演、本日無事に終わりました。

指揮をされた館長をはじめ三重県文化会館の皆さま、ジュニアオケの皆さん、お聴きくださった皆さま、ありがとうございました。



今日のピアニストたち

左から
須川彩香さん
中島ななみさん
長井美優さん
谷口陽花さん


客席から、皆の楽しそうな、でも引き締まった姿を見ていて嬉しかったです。

演奏も練習を重ねる度に上向きになっていって、本番はベスト!素晴らしい集中力でした。

動物の謝肉祭の中の1曲
『耳の長い動物』を模して私も一緒に1枚。



お祭、終わり!



『M祭!』 で動物の謝肉祭 

  • Day:2015.08.01 20:14
  • Cat:音楽

明日8月2日(日)は
三重県総合文化センター 夏のお祭り
『M祭!2015 キッズ・アート・フェスティバル』

msai2015.jpg


とってもたくさんの楽しそうなプログラムの中
三重ジュニア管弦楽団のコンサートで、サン=サーンス動物の謝肉祭が演奏されます。

2台ピアノとオーケストラのアンサンブルで、
生徒さんたち4人がピアノを担当させていただきます。

今日はリハーサルでしたが
素敵なイラストのスライド、ナレーションに彩られてのステージ
とても魅力的でした。

お子さんはもちろん、大人の方も楽しめる演奏会です。

お時間がございましたら是非。


《プログラム》

J.S.バッハ:2つのバイオリンのための協奏曲

~スライドコンサート~ 
サン=サーンス 動物の謝肉祭
指揮:梶 吉宏(三重県文化会館 館長) 
ナレーター:おがわ ともこ 
イラスト:岩男 はな

開場11時00分、開演11時30分(1時間程度)
会場 中ホール
入場無料

詳細はこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。